さくら さくら

久々の更新!!

お久しぶりです。
前回の更新は昨年の八月だったので、なんと七ヶ月ぶりです。
自分では三ヶ月くらいかと思っていました(笑)

放置ブログにもかかわらず、読んで下さったり、いいねを押して頂いたり、
本当にありがとうございます。
コメントまで頂いてました!

今さら感がいっぱいですが、返信いたしましたのでよろしかったら読んで下さい。って、この記事を読んでいるかわかりませんよねー(^^:

それから、ブログを放置している間にココログの仕様が変わっていました。
そして今、♪私、困ってます〜

なので、とりあえず今日は桜の画像をアップしてお終いにします。

2019年河津桜

P2240710
こちらは、ソメイヨシノ

P4070726_1


P4070729_1


P4070727_1


おまけの、路傍の花^^

P4070723

しかし、慣れなくて使いづらい(−_−;)

また、ぼちぼち更新したいと思っています。
よろしくお願いします(^^)/~~~

 

2018年8月22日 (水)

クリムトはお好きですか

先週末「やったー 秋が来たわ〜」と喜んだのもつかのまで、また夏が戻って来ましたねorz
熱闘甲子園も終ったというのに。

ところで、優勝旗はいつ白河の関を越えられるのかしら?
津軽海峡は越えたのよね(2004年2005年)
↑意味不明の方、ごめんなさいo(_ _)o


ぺたんこバッグ作りました。
必要に迫られないと作らない私^^v

Img_0001

Img_0002_2
今回は長さに余裕があったのと、柄の方向性を気にしなかったのでいつもより
お手抜き簡単使用です。

Img_0003
底を輪にして、内側の縫い代はロックミシンで始末しています。
画像も手抜きの跡がありあり、しっかりアイロンを掛けるべきだった(^^;

この生地、ちょっとクリムト風で(超個人的主観)気に入ってます。
金が入っているだけとの意見もあるけど(笑)

いつか、海外の美術館を巡る旅が出来たらいいな。


web拍手 by FC2

2018年7月31日 (火)

出不精な日々

気がつけば明日から八月。
な〜にもしてないのに、もう八月\(;゚∇゚)/
どうしましょう(^^;


今年も暑い夏ですね。
空調の無い施設や野外でのイベントは大変そう。
私は日が暮れてからの花火大会でも、出かける気力は無し!!です。
浴衣のお嬢さんたちを見るのは楽しいんだけどな。


こちらは作りかけで、完成は秋になるかもというバッグの一部

Img_0008

自分のでは無いが、急ぐ必要も無いので(本当か?)進まない(^^;
最近は、買ったほうが早いんじゃない!?と思ったりして、本当にやる気無しですorz

涼しくなったら製作意欲が出るかしら?
でも、作りたい(必要な)物も特にないのよね〜
どちらかというと、物は捨てなくてはいけないお年頃だし(笑)

昔は色々と作りたい物がたくさんあったのに、色々な材料が簡単に手に入るようになった今は無い・・・残念!!


web拍手 by FC2

2018年7月 3日 (火)

角形がま口

12cmの角形がま口を作りました。
型紙はこちらの物を拡大コピーしました。
メモが無くて、拡大率は忘れました(^^;

Img_0002
口がとても大きく開きます。

Img_0003
Img_0004
その分、リベットの下が内側へ入り込みます。
何を入れたらいいかしら。

Img_0005
おまけ
小銭が溜まりそうながま口にも、口金つけました。

Img_0001
上の物程ではないけれど、大きく口が開きます。

Img_0006
Img_0007
内布、かわいい^^


web拍手 by FC2

保存保存

保存保存

2018年6月26日 (火)

お手抜きぺたんこバッグ

ご無沙汰しております。
ここ数日はすでに梅雨が明けたかのように暑いですが、皆様は体調等崩されてはおりませんか。

ちなみに、私は絶不調ですorz
天候のせいか、はたまた年齢のせいか、ドヨ〜ンとした毎日が続いています。
体調も気分もイマイチ。負の連鎖とでもいいますか、体調不良で気持ちが落ち込み、それがまた身体の不調を呼ぶみたいな。毛の生えた心臓が欲しい(^^;

で、ぺたんこバッグ作りました。(おかしな文脈は気にしないで下さい(笑))
絶不調なので、超お手抜きです。

Img_0010

Img_0011
二枚とも、持ち手と見返しは綾織りテープで始末しました。
カンタン!カンタン!^^

昔は不調の時でも、何か作ったり生地を見たりしてると、気分転換で楽しくなったものだけど、最近はイマヒトツです。やっぱり年齢のせいなのかしら。

生前、母が70の事は70に、80の事は80に成ってみないとわからないと言っていたけど、本当にその通りだと思う今日この頃です。
想像することは出来るけど、現実は想像の上を行くわ、斜めだったり、遥か上だったり。大変だよーーー\(;゚∇゚)/

以上、本日はチラシの裏的内容に成ってしました。
大変失礼いたしましたm(_ _)m
あっ、まだ70歳には成ってません、私(笑)


web拍手 by FC2




2018年6月15日 (金)

♪ キツネ ツル カメ

こちらの口金のがま口出来ました。

Img_0007
口金にはめる前の状態

Img_0008
内布はこちら

Img_0009
はめた状態
マチ無し

Img_0004
マチ有り

Img_0003
形を柄の好みで選ばないように、同じ布にしました。
表はお稲荷さん(キツネ)、内布は、鶴亀。
う〜ん、お金持ちに成れそう^^
あっ、でも小銭持ちだったりしてorz

さて、どちらの形が良いかしら。
なぜ悩むかと言うと、この口金、一個しかないのだ(^^;
ついで買いなので、お試しに買ってみたの。
なので、これはセロテープで止めてあります。

せっかく作ったので、両方とも形にしたいところだけど、また口金を買うと無駄な出費になっちゃうしねぇぇ
どうしようかしら…

他に在庫の口金も有る事だし、それらを消化してから考えようかな。
製作意欲に勝る物欲に負けなければだけどね(笑)


web拍手 by FC2

2018年6月11日 (月)

累々と

ピンクゴールドのリボン口金と一緒に買った口金の型紙を山ほど試作しました。
なんとなく気に入らなくては作り直し、累々と重なるイマイチ作(笑)の型紙と試作品。

Img_0002
買った口金はこちら

Img_0007
送料が高いので、ついつい目的以外の物も買ってしまう私です。
商品代より送料の方が高いと損をした感じがしません?私だけ??
冷静に考えれば、必要ない物を買う方が無駄な出費なんですけどね(^^;

とりあえず、二つ作ってみることに決定

Img_0005
三角マチとマチ無しタイプ。
頑張ります(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


web拍手 by FC2




保存保存

2018年5月24日 (木)

カットクロスでぺたんこバッグ・2

ぺたんこバッグの作り方の続きです。
本体、見返し、持ち手の各パーツを縫い合わせて完成させます。

持ち手を本体につけます。

Img_0013
今回の持ち手の間は9cmです。
この時に持ち手の上部をミシンで本体に止めておくとズレ予防になります。
縫い代が1cmなので7mmくらいのところがオススメ。

見返しを重ねます。
見返しを重ねる時は、初めは中心(持ち手の真ん中)にピンを打ち、次は脇線部分、それからそれらのピンとピンの中央、というように打ちます。
こうすると、端から印に沿ってピンを打つよりも、長さのズレが防げます。
布は伸びますから、ピタッと合わなくてもミシンを掛ける時の加減でなんとでもなります!!←コレで良いのか?(^^;

Img_0014
そしてこの時、見返しを輪にした縫い目を、本体を接いだ方の反対側へ持って行き、脇線より少しずらすと脇線がスッキリと成ります。

Img_0015
柄物の生地は接ぎ目が目立たないので、私はスッキリさせる方を優先させています。
接ぎ目が気になる方は脇線に合わせて下さい。

Img_0020
持ち手を挟んで、本体と見返しを縫い合わせたら見返しを内側へ返して、アイロンをかけ、入れ口と見返しの下部のへ端ミシンを掛けたら完成です。
ミシンは、見返し側を上にして掛けて下さい。

Img_0019
形を整えて、アイロンをかけたら完成です。

Img_0016
以上、私がカットクロスでぺたんこバッグを作る時の作り方でした。
参考に成ることが有ればうれしいです^^

作り方って、画像とか説明文とか、頭で考えたことを実際に書いてみると本当に難しい。拙い内容で失礼致しました。
思いつきた時は、「ナイスな私!! 」の気分なんだけどね(笑)


web拍手 by FC2




2018年5月22日 (火)

カットクロスでぺたんこバッグ 

お待たせ致しました(お忘れかもしれませんが)前回のぺたんこバッグの作り方です。
黒い方、布地幅の半分×50cmのカットクロスを使い切っての作り方です。

Img_0016
でも、画像のほとんどは白地の物です(^^;
記事にする事は後から思い立ったもので・・・
どちらも同じだから許してねo(_ _)oペコッ
ついつい買ったカットクロスを使い切るのにおすすめです。

出来上がりサイズ
31×25.5cm 持ち手の長さ30cm

それぞれのパーツの配置と裁断したところ
今回のカットクロスのサイズは、55×50cmです。

Img_0048
下から、本体一枚、裏見返し一枚、持ち手二本分になります。
見返しが本体より長くなっていますが、カットクロスの場合は同じ長さです。

本体を縫う
本体を横に二つ折りにして、端から2cmの所にミシンをかけます。
布幅を半分にしたカットクロスなので、片側の布端は耳です。

Img_0008

ミシンを掛けたら、耳ではない方を端から1cmカットします。

Img_0009
耳に成っている方を二つ折りにして、カットした布端を包みミシンをかけます。

Img_0010
Img_0011
こうすると、布端の始末が入りません。
注・耳がつれている時にはこの方法は、使えません。

底の部分は1cmの縫い代でミシンをかけて、ロックミシンで始末しました。
ロックミシンがない場合は、ジグザクミシンや綿テープ等で包んで下さい。

Img_0012

持ち手の作り方
持ち手は出来上がり幅2cm、長さ30cmです。
生地は6×32cmに裁ちます。

三つ折りにします

Img_0004

Img_0003
この時、バイアステープのように中心に付き合せるように折ると、使っているうちに持ち手が中央で折れてしまうのでオススメしません。

持ち手として硬い綿テープやPPテープを使い、生地は装飾として使うのであればその限りではありません。

三つ折りにした物に2cm幅の綿テープを乗せて両端にミシンをかけます。
ミシンは生地側を表にして、綿テープからずれないように位置を細かく修正しながら付けると良いと思います。これで持ち手の完成です。

見返しの準備
見返しは3cm幅なので上下に1cm縫い代をつけて裁ちます。
布幅の半分×5cmが一枚です。

生地が平らなうちに、上下、それぞれを1cmで内側に折りアイロンをかけます。

Img_0007
本体の横幅に合わせて(現物あわせ)、見返しが輪に成るようにミシンを掛けます。
作り方は簡単にを目指しています。ズボラとも言う^^

今回の生地は厚みが無い物なので、内と外の差については気にしなくても大丈夫。
同じ長さで縫ってください。大きくなるのはNGです。

これで、パーツは揃いました。
そして、組み立ては次回へ〜

思いの外作り方の説明が大変で、集中力が尽きましたorz

それでは、次回をお待ち下さい。
誰も待って無いかもですが、一応(^^;


web拍手 by FC2

保存保存

2018年5月15日 (火)

色違いで

色違いの生地で二枚作りました。
いつものです(笑)

Img_0016
黒いものは、布地幅の半分×50cmのカットクロスで購入した物を使い切って作っています。白い方は、そのままの幅×50cmなので、少し大きく作りました。
比較のための紙は、A4サイズです。

Img_0017_2
ひっくり返すとこんな感じ。

Img_0018
毎回柄だけ違うぺたんこバッグで、代わり映えしない事だし(^^;
次回は作り方を(簡単に)載せたいと思います。

変化は大事^^b


web拍手 by FC2

2018年5月11日 (金)

平常運転

GWが終わって一週間が過ぎ、やっと平常運転の日常が戻ってきましたヽ(´▽`)/

長い休みは疲れる!!

《ハワイ旅行へ一週間》等と言う、夢のようなGWの疲れとは違う(行ったことがないので、あくまでも想像)(笑)
気持ちが荒む疲れだわorz
そして生活のペースに慣れた頃に終了するし〜orzorzorz

ということで、結局ビーズのハートは試作を一個しか作れず。

Img_0022
前回より、横を長くしました。

Img_0023
短い方が6◯個、長い方が6◯個。
数をメモった紙が無い\(;゚∇゚)/
短い方が5個ほど少なかったような(^^;
残ってるビーズの数と相談しながら作ることにしました。

しかし、本来なら74か5個必要なはずなので、ぷっくりハートモチーフとはちがうのよね ハハハ・・・

web拍手 by FC2


2018年5月 3日 (木)

長いorz

残すところ、三日ヽ(´▽`)/

P43006081


P4300529_11


P43005761

頑張る!!



web拍手 by FC2




保存保存

«クッションカバーとハート